都市型介護予防モデル 松戸プロジェクト

お知らせ

プロボノチャレンジMATSUDO2018キックオフミーティングレポート

2018年9月15日(土)13:30から、松戸市民会館301号室にてプロボノチャレンジMATSUDO 2018のキックオフミーティングが開催されました。

今月1日の事前オリエンテーションで初めての顔合わせとなったプロボノワーカーたちが、本日はチームとして支援先の団体さんと初めての顔合わせ。今日のキックオフミーティングに備え、各チームでは事前オリエンテーションで得た情報の確認や整理をし、それぞれ入念な準備をしてきたようです。

 

支援先、および支援内容は以下のとおりです。

 

くるみの会 業務フローの整理・運営効率化のためのツール作成
サンシルバー元気かい 参加者募集のためのチラシ作成
ハーブガーデンからふみ出そう! 参加者を広げるためのSNSを活用した広報活動
ぱそこん119 ボランティアスタッフの拡大のためのニーズ調査
まつど子ども食堂の会 松戸市内の子ども食堂の運営が発展するような情報発信をしていけるウェブサイト作成
メディカル・ウォーキング倶楽部 メディカル・ウォーキングを広めていくための印刷物

 

都合により、この日は5団体での開催となりましたが、各チームは前回の事前オリエンテーション同様、お互いの意見交換を和やかに行っていました。

キックオフミーティングから、プロジェクトは本格的に始動します。これから約2か月間はチームごとの作業となり、各プロボノワーカーは休日や夜間などの空いた時間を利用し、協力して自分たちのプロジェクトを進めていくことになります。

 

プロジェクトの進め方はチームによって様々。メールやオンラインでの打ち合わせ等を利用して、チーム全員でゴールに向かって進んでいきます。支援先の現場を訪問して活動を見学したり、関係者や利用する人たちへのヒアリングを行ったり…支援先の団体さんに満足していただく成果物を提供するために、プロボノワーカーたちは知恵を絞ります。最終的な成果物の完成、そして支援先への提案は、各チームの進捗状況にもよりますが、本年11月中旬頃を予定しています。

 

次回、支援先とプロボノワーカーが一堂に会するのは11月23日(金・祝)。松戸フューチャーセンターにて、振り返り会とささやかな打ち上げ・交流会を行う予定です。

 

交流会の様子は、後日改めてお知らせいたします。